金沢木協について

私たちは何よりも木を大切にし、木のことを知って「家の基本」を創ります。

金沢木材協同組合は、金沢市を中心とした石川県内約70社の木材店および木材会社が加盟する団体で、県内の住宅会社、工務店さんをご支援させていただいております。

私たちは、直接お施主様から注文をお受けすることはありませんが、お施主様が住宅会社、工務店さんに対して、金沢木協(モッキョー)をご指名くださることはできます。

私たちは金沢の街並みを愛し、情緒ある木の家のただずまいを現代にも活かして、木の文化の一翼を担いたいと考えております。

私たちはこの度、良質の木材の供給が少しでも安く、安全に行われるよう、在来工法住宅のシステム化を図り、皆様のご要望にお応えさせていただくことになりました。

そして、本来の木材が持っている良さを皆さんに再認識していただきながら、健康で潤いのある暮らしを木の家を通して実現してくださることを願っております。

工場

創立70周年記念映像

あゆみ

昭和21年12月 金沢木材林産組合設立 事業所を金沢市木ノ新保に置く:初代代表理事 辻 彦六
昭和25年2月 木材統制令の廃止に伴い中小企業等協同組合法により事業協同組合に改組
名称を金沢木材林産協同組合と呼ぶ 二代代表理事 石坂 三郎
木材交換会を市売会に改む
昭和33年7月 事務所を金沢市北安江町に移転
定例市を3日、18日と定め木材市場を開設
昭和34年5月 名称を金沢木材協同組合と改む:三代代表理事 辻 利明
昭和35年3月 出資金786万円 組合員95名
事務所を金沢市泉本町に移転
昭和38年5月 金沢港木材団地造成期成同盟会の設立
昭和39年5月 金沢港木材団地造成期成同盟会を発展解消し、金沢港木材団地協同組合を設立
昭和53年11月 金沢市畝田町1-1 所在地金沢木材協同組合所有の土地を工業港区ならびに港湾関連施設用地の適用除外の上住居地区に指定陳情する
昭和60年9月 事務所を金沢市湊1丁目に移転
昭和61年9月 創立40周年記念市
平成5~6年 整備施設
  • プレカット加工機械 1ライン
  • プレカット工場 2棟
  • 木材乾燥施設 1基
  • 木材保管施設 1棟
平成9年 プレカット加工機械 1ライン増設
平成10年 羽柄プレカット加工機械 1ライン新設
木質パネル製造施設 1ライン新設
平成11年 登り梁(柱、横架材)プレカット加工機械 1ライン新設
平成12年 木材保管施設増設
平成15年 木材ラックの設置
平成17年 プレカット加工機械 1ライン入替え、プレカット工場1棟増設
平成19年 プレカット加工柱機械ライン入替え
平成22年 プレカット加工機ライン入替え
平成23年 プレカット加工機金物併用ライン入替え
平成24年 資材格納テント増設、フォークリフト増車(3.5t)2台
平成25年 過去最高売上 31億2千万円を記録
平成26年 隣接する82番地の土地、約18,000㎡を購入
平成28年 創立70周年記念式典開催
イメージキャラクター/ウッディ君